医療法人徳洲会 大垣徳洲会病院

  • 患者様・利用者様
    0584-77-6110
  • 予約センター
    月~金9:00~17:00
     土 9:00~12:30
    0584-84-2062
  • 健診センター
    月~金13:00~16:00
     土 9:00~12:00
    0584-84-2015
  • 業者様・関係者様
    0584-77-6174
  • 患者様のご紹介
    月~金8:30~18:00
     土 8:30~12:00
    0584-84-2016

診療科・部門案内

診療科・部門案内

麻酔科

ご挨拶

大垣徳洲会病院麻酔科の澁田達史です。
>手術は患者さんにとって命にかかわるまさに一大事です。当院では予定手術の患者さんにはまず麻酔科外来を受診していただきます。これは、早期に術前診察を行うことにより、手術を行う際の問題点を洗い出し、主科のみならず関係各科の医師、スタッフと連携を密にし対策を練ることにより、患者さんの手術の安全性を最大限に高めるためのものです。手術という患者さんへの身体的損傷に対して何よりも大事な「いのち」を守り、可能な限り術後の痛みを抑え、早期に日常生活に戻れるように、安心して手術が受けていただくよう努力することが麻酔科医の任務です。

当大垣徳洲会病院では、最新鋭麻酔モニタリングシステムであるフィリップス社のORSYSを使用することにより、体内血中薬物濃度、効果部位濃度をリアルタイムで予測し、手術中に時々刻々と変化する患者さんの麻酔深度、循環・呼吸状態などの全身状態を監視し、最適な麻酔管理を行っています。

熟練の非常勤麻酔科医、手術室スタッフの方々の協力を得て、2020年度は約1,500件の手術症例に対応いたしました。手術麻酔に関して心配なことや困ったことなどあればお気軽に御相談下さい。

Fortec ORSYS画面画像

担当医のご紹介

澁田 達史
  • 副院長 兼 麻酔科部長
    手術室運営委員長
  • 澁田 達史(シブタ サトシ)
役職 副院長 兼 麻酔科部長 手術室運営委員長
資格・所属 厚生労働省認定麻酔科標榜医
日本麻酔科学会 日本麻酔科学会認定指導医、神経ワーキンググループ所属
日本小児麻酔科学会 小児麻酔認定医 代議員
日本神経麻酔集中治療学会
日本医師会認定産業医
Society for Neuroscience Regular Member
得意分野 臨床麻酔
小児麻酔
神経麻酔
履歴 1991年 鳥取大学医学部医学科卒業
大阪大学医学部附属病院、市立豊中病院 麻酔科研修医
1998年 大阪大学医学部大学院医学研究科博士課程(麻酔蘇生学専攻)修了
市立豊中病院麻酔科 医員
2000年 大阪大学医学部麻酔集中治療医学講座 助教 
2005年 大阪大学医学部麻酔集中治療医学講座 医学部講師
2016年 大阪大学医学部麻酔集中治療医学講座 講師
2017年 国際医療福祉大学医学部麻酔集中治療医学講座 教授
兼 国際医療福祉大学医学部附属市川病院 麻酔科部長
2020年 徳洲会大垣病院副院長 兼 麻酔科部長

主な業績

  • Intracerebroventricular administration of a nitric oxide-releasing compound, NOC-18, produces thermal hyperalgesia in rats. Neuroscience Letters 187: 103-106 1995
  • A new nitric oxide donor, NOC-18, exhibits a nociceptive effect in the rat formalin model. Journal of the Neurological Sciences 141: 1-5 1996
  • Cardiovascular Effects of an Ultra-Short-Acting Nitric Oxide-Releasing Compound, Zwitterionic Diamine/NO Adduct, in dogs. Circulation 94: 2235-2240 1996
  • A comparative study of the antinociceptive action of xenon and nitrous oxide in rats. Anesth Analg 85: 931-936 1997
  • Intrathecal administration of a new nitric oxide donor, NOC-18, produces acute thermal hyperalgesia in the rat. Journal of the Neurological Sciences 153: 1-7 1997
  • Nitric oxide-induced cytotoxicity attenuation by thiopentone sodium but not pentobarbitone sodium in primary brain cultures. British Journal of Pharmacology 124: 804-810 1998
  • Rapid development of nitric oxide-induced hyperalgesia depends on an alternate to the cGMP-mediated pathway in he rat neuropathic pain model. Brain Research 792: 263-270 1998
  • The influence of the timing of administration of thiopentone sodium on nitric oxide-mediated neurotoxicity in vitro. Journal of the Neurological Sciences 174: 9-15 2000
  • The effects of propofol on NMDA- or nitric oxide-mediated neurotoxicity in vitro. Neuroreport 12(2):295-8 2001
  • Neuroprotective effect of hypothermia at defined intraischemic time courses in cortical cultures. J Neurosci Res. 65(6):583-90 2001
  • Hypothermia and thiopentone sodium: individual and combined neuroprotective effects on cortical cultures exposed to prolonged hypoxic episodes. J Neurosci Res. 68(3):352-62 2002
  • Effects of deep hypothermia on nitric oxide-induced cytotoxicity in primary cultures of cortical neurons. J Neurosci Res. 72(5):613-21. 2003
  • The neuroprotective effect of ONO-1714 on NMDA-mediated cytotoxicity in vitro. J Neurol Sci. 215(1-2):31-6 2003
  • Ketamine and thiopental sodium: individual and combined neuroprotective effects on cortical cultures exposed to NMDA or nitric oxide. British Journal of Anaesthesia 97 (4): 517–24 2006
  • Undiagnosed thyrotoxicosis in a pregnant woman with spontaneous renal artery aneurysm rupture. Anesthesia and Analgesia 108(6):1886-8 2009
  • Small temperature variations alter edaravone-induced neuroprotection of cortical cultures exposed to prolonged hypoxic episodes. Br. J. Anaesth. 104: 52-58 2010
  • The influence of initial target effect-site concentrations of propofol on the similarity of effect-sites concentrations at loss and return of consciousness in elderly female patients with the Diprifusor system.J Anaesthesiol Clin Pharmacol. Apr;28(2):194-9. 2012
  • Only extra-high dose of Ketamine affects L-glutamate-induced Ca2+ elevation and neurotoxicity. Neurosci Res 98: 9-16 DOI: 10.1016/j.neures.2015.04.005 2015
  • Transversus abdominis plane block for bilateral orchiopexy in an 8-year-old patient with Eisenmenger’s syndrome. JA Clinical Reports 1: 21 2015
  • Thiopental sodium preserves the responsiveness to glutamate but not acetylcholine in rat primary cultured neurons exposed to hypoxia. Journal of the Neurological Sciences 365: 126–131 2016
  • Intravenous anesthetic-induced calcium dysregulation and neurotoxic shift with age during development in primary cultured neurons. Neurotoxicology 69: 320-9 DOI: 10.1016/j.neuro.2018.08.0022018
  • チアノーゼ性心疾患術後の気道出血管理 日本集中治療医学会雑誌 2:47-51 1995
  • 心臓移植術後5ヶ月後に行われた超低体温人工心肺下仮性動脈瘤修復術の麻酔経験 日本臨床麻酔学会雑誌 2013 33(1):101-5
  • 神経系細胞を使用した脳虚血の研究 (総説)Anesthesia 21 Century 2013 15: 4-8
  • 新設医科大学における学生教育:英語による小児麻酔科学講義 日本小児麻酔学会誌2020 26: 82-87
長瀬 清
  • 非常勤医師
  • 長瀬 清(ナガセ キヨシ)
履歴 平成6年卒 岐阜大学
岐阜大学医学部附属病院
手術部副部長(准教授)
山口 恵理子
  • 非常勤医師
  • 山口 恵理子(ヤマグチ エリコ)
履歴 平成15年卒 名古屋大学
堀内 大志郎
  • 非常勤医師
  • 堀内 大志郎(ホリウチ タイシロウ)
履歴 平成17年卒 愛媛大学
閉じる