医療法人徳洲会 大垣徳洲会病院

  • 患者様・利用者様
    0584-77-6110
  • 予約センター
    月~金9:00~17:00
     土 9:00~12:30
    0584-84-2062
  • 健診センター
    月~金13:00~16:00
     土 9:00~12:00
    0584-84-2015
  • 業者様・関係者様
    0584-77-6174
  • 患者様のご紹介
    月~金8:30~18:00
     土 8:30~12:00
    0584-84-2016

診療科・部門案内

診療科・部門案内

薬剤部

業務紹介

外来調剤

当院は外来院内調剤を行っています。調剤業務は薬剤師にとって最も基本的な業務です。電子カルテ等から情報を収集して、間違いのないよう正確に、素早く行うのは基本中の基本ですが、相互作用や飲み合わせを確認したり、おくすりに関するさまざまな不安や疑問を解消するなど、患者様が安全で効果的な薬物治療を受けることができるよう努力しています。
また、診察を終えた患者さんが、病院の中で最後に話すスタッフは、薬局の薬剤師です。ひとりひとりが、気持ちの良い接遇をこころがけ、患者様に気持ち良く帰っていただけるように努めています。

病棟業務

各病棟に常駐薬剤師を配置し、病棟薬剤業務実施加算を算定しています。これは、薬剤師が病棟において医療従事者の負担軽減および薬物療法の質の向上に資する薬剤関連業務を行っているということです。その業務は多岐にわたり、処方提案や相互作用の確認、投与前に投与薬の患者さんへの十分な説明、入院時の持参薬の確認などを行っています。医師へ処方の提案をしたり、カンファレンスに参加したり、回診に同行するなど、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士などのコメディカルと協働し、質の高い医療をめざして、日々奮闘しています。

感染対策チーム

感染症は、他の疾患と異なり伝播・伝染するという特徴があります。病院には、免疫力が低下した人や、高齢者など感染症にかかりやすい患者さんが多くいます。薬剤師は、Infection Control Team(ICT)メンバ-の一員として、医師、看護師、臨床検査技師などと協力し、日々、院内の感染対策に取り組んでいます。耐性菌の発生を抑制する適切な抗菌薬の使い方や感染管理、感染経路の対策など、感染症薬物治療の適切かつ安全な実施を目標に活動しています。また、コロナ渦においてICTでの薬剤師の役割・貢献は大きく、指揮をとってコロナ対策を行っています。

化学療法チーム

化学療法では抗がん剤治療を円滑に行うためにレジメン管理、プロトコールの作成、服薬指導を主に行っています。当院では2011年6月より外来化学療法室を立ち上げ、日帰りで日常生活に近い状態で抗がん剤治療を行えるよう整備しました。患者さんが安心して抗がん剤治療を行えるよう医師、看護師と連携して取り組んでいます。

離島・僻地応援

僻地・離島の病院へ短期で仕事に行くことが応援業務です。応援に行く薬剤師は、現地のスタッフと協力して業務を行います。初めていく土地、知人もいない場所で、最初の頃は不安と緊張がありますが、1週間も経つと普段とは全く違う環境を楽しめます。方言や、その土地の人たちの考え方、そこでしか食べられない食べ物…新鮮なことばかりです。応援期間の休日は観光やダイビング、島一周ドライブなど、その土地でしかできないことや、旅行では味わうことのできない貴重な体験をすることができます。応援手当もつきます。応援業務を終えると、薬剤師としても、人間としてもひとまわり成長して帰ってくる薬剤師が多いです。
(写真はスタッフが奄美の海でダイビングをした際に撮影したものです)

教育体制の充実

当院では、まず全員が病院薬剤師として必要な幅広い知識の獲得を目標としており、その後、個人個人が専門分野の獲得を目指します。この目標に従い、教育プログラムは3年計画で行います。1年目は薬局内業務、病棟業務ができるようになること、2年目は幅広い分野での知識の獲得、3年目は個人の希望があれば専門分野での認定取得を目指す、という計画です。1,2年目教育は教育マニュアルに従って行うため必須ですが、3年目の専門分野の希望は複数個希望や、逆に希望なしでも可能で、個人のニーズに合わせた教育を行っていきます。人それぞれ考え方の違いや得手不得手があると思いますが、長所を見つけてそれを生かし、皆が自信を持って仕事ができる環境を作っていきたいと考えています。

先輩薬剤師から指導を受けるのはもちろんですが、一番身近で新人をサポートしていくことになるのがプリセプターです。新人教育全体の進捗を確認して無理のないように日程調整を行ったり、テストがあれば事前の勉強を一緒にしたりしていきます。プリセプターは若手薬剤師が担当し、日々の業務や教育内容で困ったことや上司に直接は言いにくいようなことも気軽に相談できるような体制になっています。新人薬剤師は覚えることが多いうえに、人間関係の構築も途上であり、不安なことや気を遣うことがあると思います。新人の負担を軽減し、のびのびと育ってもらうサポート体制を整えています。

認定取得状況(令和3年1月現在)


































日本薬剤師研修センター 5名
日病薬病院薬学認定薬剤師 2名
がん薬物療法認定薬剤師 1名
外来がん治療認定薬剤師 2名
漢方薬・生薬認定薬剤師 2名
NST専門療法士 2名
日本糖尿病療養指導士 3名
実務実習認定指導薬剤師 4名

この他にも、医療薬学会認定薬剤師や、感染制御認定薬剤師の資格取得を目指す薬剤師が奮闘中です!

学会発表(令和2年~)

当院における診察前面談の介入調査
(日本臨床腫瘍薬学会学術大会2020:2020.3.21~22:Web開催)
療養病棟における感染症を起因とした高血糖高浸透圧症候群をきたした1例とその対策
(第63回日本糖尿病学会年次学術集会:2020.10.5~16:Web開催)
当院における腎機能低下患者へのメトホルミン製剤処方に関する現状調査
(第63回日本糖尿病学会年次学術集会:2020.10.5~16:Web開催)
当院におけるエンパグリフロジンの使用実績と心血管死リスク因子への影響
(第63回日本糖尿病学会年次学術集会:2020.10.5~16:Web開催)
山梔子含有漢方薬の処方状況と腸間膜静脈硬化症早期発見に向けた取り組み
(第30回日本医療薬学会:2020.10.24-11.1:Web開催)
トラスツズマブ、ペルツズマブ再開時に初回量を投与した際の投与時間に関する安全性調査
(日本臨床腫瘍薬学会学術大会2021:2021.3.6~7:Web開催)

論文発表

亜鉛欠乏症に対する酢酸亜鉛の補充効果に影響を与える因子の検討
日本病院薬剤師会雑誌 Vol.56 No.8.2020
回復リハビリテーション病棟における脳血管障害患者の薬剤自己管理に影響する因子の検討
医療薬学 第41巻 第12号(2015)

出身大学

名城大学・金城学院大学・岐阜薬科大学・名古屋市立大学・大阪薬科大学・富山大学(旧富山医科薬科大学)

所属学会

日本医療薬学会、日本中毒学会、日本くすりと糖尿病学会、日本臨床栄養代謝学会、日本褥瘡学会、日本臨床腫瘍薬学会、日本緩和医療薬学会

こんな私たちですが、一緒に働きませんか?

大垣徳洲会病院の薬局のことを、もっと知りたい方はこちらをどうぞ!
詳しくはこちらをご覧ください

見学希望の電話はこちら→→→0584-77-6110(病院代表,担当:薬局山崎)
メールはこちら→→→→yakuzai@ogaki.tokushukai.or.jp

「リクルート情報の詳細はこちらをご覧ください」
徳洲会薬剤部 薬剤師リクルートサイト (https://yakuzaishi.tokushukai.or.jp/)

病院薬剤師セミナーのお知らせ
seminar_2021summer_tokai.pdf (https://yakuzaishi.tokushukai.or.jp/)

閉じる